ファイルの関連付けの変更方法

Windows Vista Tipsメニューへ

スポンサーリンク



データファイルをダブルクリックすると関連付けられたアプリケーションが起動しファイルが開きます。
例えば、XLSやXLSXファイルをダブルクリックするとエクセルが起動し開きます。
JPEGファイルをダブルクリックするとペイントなどのグラフィックソフトが起動し開きます。
この関連付けられたアプリケーションはWindowsの初期や、アプリケーションをインストールした場合などに自動的に設定されます。
自動的に設定されるので、時には変更したい場合もあります。その変更方法です。


スタートボタンをクリックし、「コントロールパネル」をクリックします。
すべてのプログラム

「コントロールパネル」が表示されたら、「プログラム」をクリックします。
プログラムの変更

「プログラム」が表示されたら、「規定のプログラム」の「あるファイルの種類を特定のプログラムで開く」をクリックします。
既定のプログラム

表示されるまで少し時間が掛かりますので待ちます。
例えばテキストファイルを変更してみます。
拡張子の「.txt」を一覧から探してください。
現在、拡張子が「.txt」はメモ帳に設定されているのがわかります。
選択し「プログラムの変更」ボタンをクリックします。
ファイルの種類またはプロトコル

ワードパッドに変更してみます。
ワードパッドを選択し「OK」ボタンをクリックします。
このファイルの種類を開くプログラムを選択してください

拡張子「.txt」がワードパッドに変更されました。
これでテキストファイルをダブルクリックするとワードパッドが起動します。
特定のファイルへ関連付けます

スポンサーリンク





Windows Vista使い方